中学受験!!ありがとう 塾。を

私の息子は勉強が苦手で家でも宿題を流れ作業のようにこなしていました。息子が少しずつ勉強をしようとやる気を持てるよう期待をして家庭教師の先生に依頼しました。息子は家庭教師の先生との勉強が楽しいと勉強をコツコツ始めるようになりました。分からないところを先生にきくためにと家庭教師の先生が来ない日にも問題集を進める姿も見られるようになりました。そして、以前は考えられなかった中学受験をしたいと息子自身が言い、見事合格することができました。勉強しなさいというのではなく、子ども自身が勉強に興味を持ったり先生に頑張っている姿を見せたいなど子どもの気持ちを大切にして行くことが大切だと思います。子どもたちにあった家庭教師の先生や塾を子どものために提供することが大事だと改めて思いました。
中学受験をしない子どもたちでも塾や家庭教師の先生の指導を受けることは勉強を楽しいと思えたり、勉強したいと思うやる気を出すきっかけにもなります。保護者は我が子の性格を踏まえ、塾を選んだり関わりを持つことが大切だと思います。中学受験の成功への秘訣は、子どもの気持ちをいかに大切にするかということだと思います。子どもが合格したい!勉強したい!と思いその気持ちを見守りながら応援できるよう保護者も努力しましょう。