中学受験に向けて本人の為の塾選びを!

2016年度の駒場東邦中学の合格体験記にも書きましたが、我が家では中学受験に向けてあちこちの入塾体験を受けました。自宅での家庭教師体験も行いました。駅前の大きな有名所は中学受験の情報も豊富でとても信頼できる感じがしたので、きっと偏差値が上がるだろうと息子にどこに通いたいのかを聞いた時にはてっきりそういった所を選ぶものと思っていました。

ところが息子が選んだのは家から一番近所にある小さな塾でした。なぜそこが良いのか尋ねると「一番家から近いからだよ。」と言いました。彼が言うには確かに駅前の立派な所も魅力的だったけれど結局は勉強しなければならない内容は同じだからだったら往復に時間のかからない所が一番だと思ったそうです。また、家庭教師は自分にとっては自宅でやるので緊張感が少し足りないと感じたそうで塾に通うことを選んだそうです。確かに近所にある所ならば送り迎えも必要ありませんし近い分だけ安心でした。結局一番近い小さな塾に入りましたが同じ受験の友人とこまめに確認してみると勉強内容はほとんど変わらないものでした。また小さいながらに細かい親切な指導をしていたので中学受験にむけて学力も偏差値も上がって行きました。

新設な対応で無事に合格できました

結果無事第一志望の学校に合格することができました。

このことから私が学んだことはどこに入れば学力が上がるとかいう事ではなく、結局は中学受験に向けてその子が通いたいと思った所や講師に行き、本人がいかにコツコツ頑張るかにかかっているのです。本人さえ頑張れば塾の大きさや知名度は関係なく学力はつくのだと思いました。次は慶應大学へ入学するための受験対策にむけて学力も偏差値も頑張っていただきたいです。